PICK UP

【連載】ジャズ百貨店 名盤BEST 20 第5回:オスカー・ピーターソン・トリオ『プリーズ・リクエスト』

2016年の発売スタート以来、シリーズ累計出荷が75万枚を超えるユニバーサル・ジャズの定番シリーズ「ジャズ百貨店」。10月・11月に新たなラインナップ100タイトルが登場するのに先駆けて、これまでに発売された全510タイトルの中から“いま”最も売れている20枚をピックアップし、個性豊かな執筆陣が紹介します。



文:坪口昌恭<Ortance、東京ザヴィヌルバッハ>

あの体格、骨格を生かしてダイナミックに弾きまくるヴィルツオーゾ、というのが一般的なオスカーのイメージだが、このアルバムを聴くと、常に抑えの効いたタッチでスウィンギーに良く歌う粋なジャズ・ピアニストだということがわかる。特に「コルコヴァード」や「イパネマの娘」などのボサノヴァ・チューンは終始弱音ペダルを使用しているようだ。ブルージーな音使いが彼の持ち味だが、ビバップ・イディオムも随所に見られる。



これぞオスカーだな!という速いフレーズを聴き取ってみると、例えば[ラ ド ミ ソ# シ]といった9度(1オクターブより1音上まで)に渡るアルペジオを軽々と弾いている。筆者の手のサイズだと7度くらいの感覚で弾いているんだろうな。

ピアノの背後にベース、その奥にドラムというイレギュラーな配置。大西順子さんや海野雅威さんもこの配置を好んでいるが、筆者もトライしたことがあり、共演者が視界にいないことでより音を敏感に感じ取れる。ただし、アルバム作品での音の位相は、主役のピアノが真ん中、右にベース、左にドラムとなっており、大きなスピーカーで聴くと臨場感が半端ない。

ピアノ・トリオでのインタープレイを改革したのはビル・エヴァンスと言われているけれど、このアルバムも勝るとも劣らない掛け合いが堪能できる。エド・シグペンはさすがにビート・キープ主体だが、レイ・ブラウンのアプローチはメロディアスで音域も広く、スコット・ラファロに匹敵するアグレッシヴさだ。

オスカーのピアノは決してアウトしたり、あからさまに不協和音をぶつけたりはしない。「ジョーンズ嬢に会ったかい?」のブロックコード主体の奏法など、ゴージャスで耳当たりの良いカクテルピアノという印象だが、どんなにソフトなタッチでも粒立ちの良さが揺るぎなく、芯の強さと色気によって“金粉”がついたような印象を醸し出す。“金粉”を感じさせるピアニストってオスカー以外にいるだろうか?

アルバムを通してソフトタッチな味わいだなあ、とくつろいで聴いていたら、ラストの「グッドバイ J.D.」で、やはりオスカーの真骨頂であるダイナミックな速弾き炸裂。いやぁやっぱりスゴイや!


【リリース情報】
オスカー・ピーターソン・トリオ『プリーズ・リクエスト』

UCCU-5556
https://store.universal-music.co.jp/product/uccu5556/

ジャズの名盤勢揃い!ジャズ百貨店シリーズ特設サイト
https://www.universal-music.co.jp/jazz/jazz-hyakkaten/