NEWS

UKジャズ界のカリスマ、シャバカ・ハッチングス率いるサンズ・オブ・ケメットが最新アルバム『ブラック・トゥ・ザ・フューチャー』からブラック・パワーを詰め込んだMVを公開!


© Udoma Janssen


サックス奏者、ソングライター、哲学者、作家として活躍するUKジャズの最高峰アーティスト、シャバカ・ハッチングス率いるサンズ・オブ・ケメットが5月19日にリリースしたアルバム『ブラック・トゥ・ザ・フューチャー』から「ピック・アップ・ユア・バーニング・クロス」のMVを公開した。

サンズ・オブ・ケメットはイギリスとアイルランドで最も優れた音楽作品に対して贈られるマーキュリー賞にもノミネートされた経験を持つユニットで、インパルス・レコードからのデビュー作となった前作『ユア・クイーン・イズ・ア・レプタイル』と同様、テナー・サックス~ベース~ツイン・ドラムという珍しい編成。テオン・クロス(tuba) トム・スキナー(ds)、エディ・ヒック(ds)がシャバカの脇を固めた。今回MVが解禁された「ピック・アップ・ユア・バーニング・クロス」ではシンガーでありコンポーザーのエンジェル・バット・ダヴィドと、詩人であり活動家のムーア・マザーをフィーチャリングに迎え、シャバカが思い描くブラック・パワーを最大限に表現した。

本楽曲についてシャバカは「恐れや不安に立ち向かうことは、祖先が思い描いた希望やエネルギーと再び重なることになると思っています」とコメントをしている。MVやアルバムについては「アルバム全体のメッセージや意味は普遍的なものではありません。聴く人の文化的背景によって理解が変わってくるのでそれぞれの感じ方をしてほしいと考えています。」と語っている。

近年、シャバカ・ハッチングスがリリースする作品には、ユニットは違えど、「忘れられた神話を発掘し、過去の音を解き明かし、未来へのテーゼを提示する」という共通のテーマが内在されていた。リリースされたばかりの「ブラック・トゥ・ザ・フューチャー」も例外ではなく、ジョージ・フロイドの死とそれに続くブラック・ライヴス・マター運動の抗議活動を受けてシャバカが感じた怒りとフラストレーションを外に向かって吐き出したパワフルな作品に仕上がっている。ブラック・ライヴス・マター運動に強く共感をしたというシャバカは「このアルバムには力、記憶、癒しを呼び起こすための音楽を込めました。ブラック・パワーのために努力することの意味を再定義し、再確認するための流れを表現しています。」とコメントした。

「キング」との異名を持つUKジャズのカリスマが表現する痛烈なブラック・ミュージックをぜひ体感してほしい

MV



【リリース】
サンズ・オブ・ケメット『ブラック・トゥ・ザ・フューチャー』

好評発売中
品番:UCCI-1049 (SHM-CD)   
価格:2,600円+TAX
https://jazz.lnk.to/SONSOFKEMET_BTTFPR

収録曲
1, フィールド・ニーガス
2. ピック・アップ・ユア・バーニング・クロス
3. シンク・オブ・ホーム
4. ハッスル
5. フォー・ザ・カルチャー
6. トゥ・ネヴァー・フォーゲット・ザ・ソース
7. イン・リメンブランス・オブ・ゾーズ・フォーレン
8. レット・ザ・サークル・ビー・アンブロークン
9. エンヴィジョン・ユアセルフ・レヴィテーティング
10. スルーアウト・ザ・マッドネス、ステイ・ストロング
11. ブラック

【Link】
・オフィシャルHP: https://www.universal-music.co.jp/sons-of-kemet/
・本国オフィシャルHP http://www.shabakahutchings.com/sons-of-kemet/
・YOUUBE: https://www.youtube.com/channel/UCnxajfDcQCUX-VhZMQUexXg
・TWITTER: https://twitter.com/SonsOfKemet
・FACEBOOK: https://www.facebook.com/sonsofkemet