NEWS

アンジェリーク・キジョ―、ナイジェリアの若者たちの抗議活動に触発を受けたニュー・シングル「Dignity」を配信リリース



グラミー賞を4度受賞しているベナン出身のシンガー・ソングライター、アンジェリーク・キジョ―がニュー・シングル「Dignity」を本日リリース、ミュージック・ビデオも公開された。この曲は、拷問などで批判を受けていたナイジェリアの対強盗特殊部隊 (SARS)の解体を求める若者たちの抗議活動に触発されて制作されたもので、ドレイクやカニエ・ウェストからも称賛を集めているナイジェリアのアフロポップ・シンガー、イェミ・アラデ (Yemi Alade)をフィーチャーした力強い楽曲となっている。

 

「Dignity」ミュージック・ビデオ

30年にわたり深遠な力を持つ音楽を発信し続けてきたアンジェリーク。本楽曲のプロデュースはヴィテック・ダ・オーサム (Vtek Da Awesome)が担当し、人間の尊厳についての力強いメッセージが高らかに謳われている。アンジェリークは2019年にイェミ・アラデのアルバム『Woman of Steel』収録の「Shekere」に参加しており、今回はそれ以来のコラボレーションとなった。
アンジェリークは今回の楽曲について、「警察による暴力はアメリカでのみ起こっていると思っている人が多いが、実は世界中で起きているのです。この曲は暴力に反対するものであり、尊厳を持って人々や自然と向き合うべきというメッセージでもあります。母なる自然が私たちに与えてくれた尊厳を見失ったとき、果たして私たちは胸を張って歩くことが出来るでしょうか?」と語っている。

「Dignity」のミュージック・ビデオは、楽曲のメッセージが故郷に想いを馳せたある移民の物語に載せられている必見の内容。荒涼としたコンテナ・ヤードで撮影されたこの映像の中では、主人公がダンスを通じて自己救済を見出していく様子が胸を打つ振付で見事に表現されている。アンジェリークとイェミも登場し、このアップリフティングな楽曲を際立たせている。自身の新曲としては、グラミー賞を受賞した2019年のアルバム『セリア』以来のリリースとなったアンジェリーク・キジョ―。今年もパワフルな楽曲で我々を楽しませてくれそうだ。

■アンジェリーク・キジョ― ニュー・シングル「Dignity」

配信中
https://jazz.lnk.to/AngeliqueKidjo_DignityPR

【アンジェリーク・キジョ― プロフィール】
グラミー賞4度受賞、ザ・ガーディアン紙では世界で最も影響力を持つ女性100名に選出され、タイム誌では、「アフリカを代表するディーヴァ」などと賞賛を受けたアンジェリーク・キジョー。シンガー、作曲家、そしてパフォーマーとして名高いアンジェリーク・キジョーは、ベナン共和国のコトヌーという港町の出身。彼女がそこで音楽キャリアをスタートさせたのは、6歳の時である。母国の政情不安により、やがて彼女はワールド・ミュージックの中心地であるパリへと移住。そして最終的には、現在も彼女が暮らしているニューヨークに落ち着いた。聴き手を惹き付けてやまないその声や、ステージでの存在感、また様々な文化や言語に精通していることによって、他のアーティストたちからもリスペクトされ、国境を越えた幅広いファンを獲得した彼女。またそれにより、彼女の曲の歌詞にヒューマニズム的な情熱を感じとった人道主義の人々との交流も生まれ、結果として彼女は長期に亘り、グローバルなチャリティ活動にも携わるようになっている。

【アンジェリーク・キジョ―各種リンク】
ユニバーサル・ミュージック:
https://www.universal-music.co.jp/angelique-kidjo/
本国公式サイト:
http://www.kidjo.com/
Twitter:
https://twitter.com/angeliquekidjo
Facebook:
https://www.facebook.com/angeliquekidjo
Instagram:
https://www.instagram.com/angeliquekidjo/
YouTube:
https://www.youtube.com/user/angeliquekidjo/featured