NEWS

ジャズ・サックスの巨匠、チャールス・ロイドが新アルバム『トーン・ポエム』から先行曲を解禁!ブルーノートのカタログ・プロジェクト「トーン・ポエット」シリーズから初の新譜リリースに



60年以上もの活動履歴を誇るジャズ・サックスの巨匠、チャールス・ロイドが3月12日にアルバム『トーン・ポエム』をリリースすることを発表。アルバムのプレ・オーダーが開始され、併せて先行曲となる「ランブリン」の配信が開始された。

今回配信が開始となった「ランブリン」はオーネット・コールマンのカヴァーとなる。本作はロイドが2015年にブルーノートに復帰してから6作目の作品となり、ザ・マーヴェルスのメンバーである、ビル・フリゼール(g)、グレッグ・レイズ(g)、ルーベン・ロジャース(b)、エリック・ハーランド(ds)を迎えた全編インストゥルメンタル・アルバムだ。ジャズ、ブルース、アメリカーナ、カントリー、ロックといったジャンルを往来し、スリリングで高揚感のある音楽のハイブリット作に仕上げた。オーネット・コールマンの他にも、セロニアス・モンク、レナード・コーエン、ガボール・サボ、ボラ・デ・ニエベなどのカヴァー、そして、ロイドの新曲も収録される。

本作は、ブルーノートの80周年を記念して2019年にスタートして以来、世界中で好評を博しているプロジェクト「トーン・ポエット」シリーズの延長線上に位置付けられ、サウンドのスーパーヴァイザーとしてシリーズの総指揮を務めているジョー・ハーリーがクレジットされている。「トーン・ポエット」とは、オリジナル・テープを使用してアナログ・レコード盤用にマスタリングされたものをリリースするデラックス・ヴァイナル・プロジェクトで、当初は1年間で終了する予定だったが、続々と追加タイトルがリリースされ、今ではブルーノートの一大人気プロジェクトとなっている。ロイドとハーリーは旧知の仲であり、ハーリーを「トーン・ポエット=トーンの詩人」名付けた張本人であるロイドの最新作が、カタログのリイシュー・シリーズとして開始されたプロジェクトから初めてリリースされる新譜CDとなる。

本アルバムについて、ロイドは「今、私の楽器から鳴る音や声は若い頃にはなかったものです。これらのアンサンブルは、何か新しいものを表現しようとしていて、何かより高い目標を示してくれていると思っています。様々な問題が取り巻くこの世界の中で、声を上げずに傷ついている人がたくさんいます。そういう人々に音楽を届けたいです。地球に無毒で無害でありながら何かに酔いしれることは、曲にして、音にするのに値する素晴らしいことです。」とコメント。ジャズ史に名を刻むようなキャリアでありながら、常に新しいゴールを掲げるロイドの渾身作となっている。


■リリース詳細
チャールス・ロイド 『トーン・ポエム』

2021年3月12日リリース
価格:¥2,860 税込 (SHM-CD) 
品番:UCCQ-1133
https://jazz.lnk.to/CharlesLloyd_Ramblin

【収録曲】
01 ピース /  Peace
02 ランブリン /  Ramblin’
03 アンセム /  Anthem
04 ディズマル・スワンプ / Dismal Swamp
05 トーン・ポエム / Tone Poem
06 モンクス・ムード / Monk's Mood
07 アイ・アモール / Ay Amor (Live)
08 レディ・ガボール / Lady Gabor
09 プレイヤー / Prayer
10 イン・マイ・ルーム / In My Room *ボーナス・トラック

■関連リンク
公式HP: https://www.universal-music.co.jp/charles-lloyd/
Twitter: https://twitter.com/CharlesLloydSax
Facebook: https://www.facebook.com/CharlesLloydSax/