PICK UP

【連載】インパルス・レーベルの60枚


2020年に創立60周年を迎えた名門インパルス・レーベル。1960年にABCパラマウント傘下のジャズ専門レーベルとして発足して以降、ジョン・コルトレーンを旗頭に、ジャズが大きな変革を遂げた60~70年代の激動のシーンの一翼を担った。そんなインパルスを代表する名盤を、音楽評論家の原田和典が毎回3枚ずつ、合計60枚解説。8か月にわたってインパルスの魅力をひも解いていく連載企画。


【第一回】

<1> ザ・グレート・カイ&J.J. / J.J.ジョンソン&カイ・ウィンディング
The Great Kai & J.J. / J.J. Johnson & Kai Winding (A-1)


もちろんトロンボーンは単独でも十二分に魅力的な楽器だが、複数で合奏した時に立ち上がる響きの潤いはなおさらのこと筆舌に尽くしがたい。それを証明するのがフォー・フレッシュメンの『アンド・ファイヴ・トロンボーンズ』であり、“J&K”ことJ.J.ジョンソンとカイ・ウィンディングのコンビが残した諸作である。当アルバムは解散から4年後に行われた再会セッション。プロデュースを務めたクリード・テイラーはベツレヘム・レーベルで彼らのアルバム『K+J.J.』(1955年)を制作したことがあり、彼にとってもJ&Kにとっても会心のリユニオンであったはずだ。そして本作は、このトロンボーン・チームにとって初のステレオ録音にあたる。豊饒なアンサンブル、粋で簡潔なアドリブ・ソロ(ミュートの使用にもご注目を)、きめ細かなアレンジが、広がりある音場の中で冴えわたる。「ゴーイング、ゴング、ゴング!」は前述『K+J.J.』に収められていた「ゴング・ロック」の続編。
※創立60周年記念「インパルス・ザ・マスターワークス on UHQCD」にて再発売
2020.5.20 ON SALE  UCCI-9321  \1,980(tax in)

 

 


<2> アウト・オブ・ザ・クール / ギル・エヴァンス
Out Of The Cool / Gil Evans (A-4)


マイルス・デイヴィスとの妙なるコラボレーション『スケッチ・オブ・スペイン』(60年7月リリース)が大反響を集めていたに違いない時期に録音されたギル・エヴァンスの単独リーダー・アルバム。プロデューサーのクリード・テイラーは57年、ドン・エリオットのABCパラマウント盤『ジャマイカ・ジャズ』全曲のアレンジャーに彼を起用したことがある。アンサンブルの波間を漂うような主役のピアノは“寡黙にして雄弁”の最たる例。ジョニー・コールズ、レイ・クロフォード、ロン・カーターらの入魂のプレイがフィーチャーされ、20年代からジャズ界の第一線にいた(つまりギルより先輩)老練サックス奏者バド・ジョンソンは土臭さをテナー、空に届きそうな鋭いトーンをソプラノから放出する。自作などに混じってジョン・ベンソン・ブルックスやジョージ・ラッセルの意欲的な楽曲を取り上げているのも、当時のジャズ作曲家/編曲家界隈の“横のつながり”を知るうえで貴重な資料となろう。
※創立60周年記念「インパルス・ザ・マスターワークス on ハイレゾCD」にて再発売
2020.3.18 ON SALE  UCCI-40009  \3,080(tax in)

 

 


<3> ブルースの真実 / オリヴァー・ネルソン
The Blues And The Abstract Truth / Oliver Nelson (A-5)


プレスティッジ・レーベルの専属だったオリヴァー・ネルソンが、クリード・テイラーのリクエストに応えて制作した一枚。契約上の問題からか当初はリーダーなしのセッションとして発売された(オリジナルLPジャケットの背にも、ライナーノーツにも、レコードのラベルにもネルソンの名前は大書されていない)。レパートリーはすべてネルソンの作編曲によるもので、メンバーの選択もすべて彼自身が行ったと伝えられる。エディ・ロックジョウ・デイヴィスのアルバム『トレーン・ホイッスル』(60年、プレスティッジ)に提供した「ザ・ストールン・モーメント」の改作である「ストールン・モーメンツ」以外はすべて書きおろし、「ホー・ダウン」をハンス・ダルファーのヒット「ミッキー・マウス」(94年)の元ネタとして知るリスナーも多いことだろう。64年ごろネルソンのリーダー作として再発され、ジャケット・デザインも彼のポートレイトを使用したものに改められた。
※創立60周年記念「インパルス・ザ・マスターワークス on ハイレゾCD」にて再発売
2020.3.18 ON SALE  UCCI-40006  \3,080(tax in)

 




(次回更新は3月24日の予定です)


■リリース情報
創立60周年記念
インパルス・ザ・マスターワークス on ハイレゾCD

全20タイトル 各\3,080(tax in) MQA-CD+UHQCD仕様 生産限定盤
シリーズ特設サイト: https://www.universal-music.co.jp/jazz/impulse-masterworks/
商品の予約・購入: https://store.universal-music.co.jp/feature/impulse-masterworks/

2020.3.18 ON SALE
1. バラード / ジョン・コルトレーン (UCCI-40001)
2. ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン (UCCI-40002)
3. デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン (UCCI-40003)
4. ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード / ジョン・コルトレーン (UCCI-40004)
5. インプレッションズ / ジョン・コルトレーン (UCCI-40005)
6. ブルースの真実 / オリヴァー・ネルソン (UCCI-40006)
7. クインテッセンス / クインシー・ジョーンズ (UCCI-40007)
8. アウト・オブ・ジ・アフタヌーン / ロイ・ヘインズ (UCCI-40008
9. アウト・オブ・ザ・クール / ギル・エヴァンス (UCCI-40009)
10. カンザス・シティ・セヴン / カウント・ベイシー (UCCI-40010)

2020.4.22 ON SALE
11. 至上の愛 / ジョン・コルトレーン (UCCI-40011)
12. クレッセント / ジョン・コルトレーン (UCCI-40012)
13. ライヴ・アット・バードランド / ジョン・コルトレーン (UCCI-40013)
14. セルフレスネス / ジョン・コルトレーン (UCCI-40014)
15. ザ・ロスト・アルバム / ジョン・コルトレーン (UCCI-40015)
16. バラードとブルースの夜 / マッコイ・タイナー (UCCI-40016)
17. ファイヴ・ミンガス / チャールス・ミンガス (UCCI-40017)
18. アルフィー / ソニー・ロリンズ (UCCI-40018)
19. リベレーション・ミュージック・オーケストラ / チャーリー・ヘイデン (UCCI-40019)
20. 生と死の幻想    / キース・ジャレット (UCCI-40020)