COLUMN/INTERVIEW

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』公開初日、菊池武夫×青野賢一トークセッション・レポート


ブルーノート・レコードの創立80周年を記念したドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』が、9月6日(金)に東京・Bunkamura ル・シネマにて公開初日を迎えた。初回上映前には、ファッションデザイナーで「タケオキクチ」クリエイティブディレクターの菊池武夫氏と、ビームス創造研究所のクリエイティブディレクターを務める青野賢一氏による公開記念トークセッションが特別開催された。



トークセッションでは、ちょうどブルーノートと同い年(80歳)という菊池氏が「10代の終わりに絵の学校に入った頃、モダンジャズが好きなメンバー達からジョン・コルトレーンやホレス・シルヴァーを教えてもらい感動しました。なかでもソニー・ロリンズは、彼の髪型を真似するほど心酔していました」という思い出や、「ジャズは革新が醍醐味であって、その今の形がヒップホップなのかもしれない」と自身のジャズ論を語り、ブルーノートの中でのお気に入りの一枚というソニー・ロリンズ『ヴィレッジ・ヴァンガードの夜』を紹介した。

また、青野氏の「この映画には、若いアーティストがたくさん出てきます。そんなアーティスト達がブルーノートをどのように見ているかということがよく分かる内容になっています」と映画の魅力を語るなど、ファッション業界を牽引しながらジャズに造詣の深い両者らしいトークが繰り広げられた。



この日の初回上映回のチケットは完売。公開初日から注目度の高さが伺えるジャズ・ファンのみならず音楽ファンは必見の作品である。



■映画情報
『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』
監督:ソフィー・フーバー
出演:ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ルー・ドナルドソン、ノラ・ジョーンズ、ロバート・グラスパー、アンブローズ・アキンムシーレ、ケンドリック・スコット、ドン・ウォズ、アリ・シャヒード・ムハマド(ア・トライブ・コールド・クエスト)、テラス・マーティン、ケンドリック・ラマー(声の出演) etc.
字幕翻訳:行方 均 配給:EASTWORLD ENTERTAINMENT 協力:スターキャット 2018年 スイス/米/英合作 85分
9月6日(金)、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
日本版トレーラー映像 https://www.youtube.com/watch?v=4WFZpEwP1mg
映画日本公式サイト www.universal-music.co.jp/cinema/bluenote