NEWS

世紀の大発見、再び! ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン絶頂期の未発表スタジオ録音が発売決定!


© Chuck Stewart Photography,LLC


ジャズ史上最高のカリスマと称されるサックス奏者、ジョン・コルトレーン(1926-1967)の未発表スタジオ・アルバムが、録音から55年の時を経て9月27日(金)に全世界同時発売されることが明らかになった。

コルトレーンと言えば、2018年、未発表スタジオ録音作『ザ・ロスト・アルバム』が全世界のシーンに衝撃を与え、大ヒットを記録したのが記憶に新しい。同作は、日本でも昨年度ジャズ・アルバム最大のセールスを記録し、第33回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を獲得した。

今回発売される『ブルー・ワールド~ザ・ロスト・サウンドトラック』は、その『ザ・ロスト・アルバム』の翌年の1964年6月、カナダ国立映画制作庁の委嘱で、フランス語映画「Le chat dans le sac (英題:The Cat in the Bag)』(日本未公開)の為に、マッコイ・タイナー(ピアノ)~ジミー・ギャリソン(ベース)~エルヴィン・ジョーンズ(ドラムス)という通称・黄金のカルテットを率いてルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音された音源。名実ともにグループの絶頂期のパフォーマンスである。

当時アルバムとして発売されず、また、録音された5曲はいずれもコルトレーンのオリジナル曲の再演であったため、熱心なファンの間でも映画にはオリジナル・ヴァージョンが使用されているものと思われており、映画用に再録音されたものであるとは長らく知られていなかった。

今回、セッションの全音源(合計8テイク)がフル・ヴァージョンでまとめられ世界初リリース。コルトレーン生涯の代表作『至上の愛』(1964年12月録音)の約半年前という、ジャズ史上でも非常に重要な時期のパフォーマンスだけに、『ザ・ロスト・アルバム』級の衝撃をリスナーに与えることだろう。

iTunes Storeではアルバムの予約がスタート。予約すると3曲目に収録されている「ブルー・ワールド」(スタンダード曲「アウト・オブ・ジス・ワールド」をベースにコルトレーンが作曲)が先行してダウンロードできる。


■リリース情報
ジョン・コルトレーン
『ブルー・ワールド~ザ・ロスト・サウンドトラック』

2019年9月27日(金)発売
SHM-CD: UCCI-1046 \2,592(tax in)
https://jazz.lnk.to/jc_tlsNL

アルバム・ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=d8xXRB7djeA&feature=youtu.be

収録曲
1. ナイーマ (テイク1)
2. ヴィレッジ・ブルース (テイク2)
3. ブルー・ワールド
4. ヴィレッジ・ブルース (テイク1)
5. ヴィレッジ・ブルース (テイク3)
6. ライク・ソニー
7. トレーニング・イン
8. ナイーマ (テイク2)

<パーソネル>
ジョン・コルトレーン(ts) マッコイ・タイナー(p) ジミー・ギャリソン(b) エルヴィン・ジョーンズ(ds)
★1964年6月24日、ニュージャージー、ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音

ユニバーサルミュージック ジョン・コルトレーン サイト
https://www.universal-music.co.jp/john-coltrane/

ジョン・コルトレーン公式サイト(英語)
https://www.johncoltrane.com/